Smart書記利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、エピックベース株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する法人向けAI議事録サービス「Smart書記」(以下「本サービス」といいます)の利用に関する条件を、本サービスを利用する者(以下「利用者」といいます。)と当社の間で定めるものです。

第1条 本規約等への同意

  1. 利用者は、本規約の定めに従って本サービスを利用するものとします。
  2. 利用者は、当社が定める方法に従い本サービスの利用申し込みを当社へ行うことをもって、本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされ、当該申し込みに対し当社が承諾することをもって本規約に基づく契約(以下「本契約」といいます。)が締結されるものとします。
  3. 本サービスにおいて、ガイドライン、オプションサービス利用条件、個別利用条件、特約、個別契約等、本規約とは別に定める条件(以下「個別利用条件等」といい、本規約とあわせて「本規約等」といいます。)がある場合、利用者は、本規約等の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。個別利用条件等において、本規約と異なる定めをした場合には、個別利用条件等の定めが本規約の定めに優先して適用されるものとします。

第2条 規約の変更

  1. 利用者は、当社が、当社の判断に基づき、随時、本規約等の内容を変更することができることを予め承諾するものとします。
  2. 当社が本規約等の内容を変更した場合には、速やかに、その変更内容を利用者に通知(第3条に定める)するものとし、通知日より変更後の本規約等が適用されます。なお、利用者が通知日以後に本サービスを利用した場合には、変更後の本規約等に同意したものとみなされます。

第3条 通知

  1. 当社は、本サービスに関連して利用者に通知をする場合には、本サービスにかかるサイトへの掲示または本サービスに登録された利用者の電子メールアドレスへの電子メールの送信または本サービスに登録された住所へ文書を送付する方法など、当社が適当と判断する方法で実施することができます。
  2. 当社が、利用者へ通知を掲示または送付することをもってかかる通知は通常到達すべき時に到達したものとみなされます。また、本サービスに登録された利用者の電子メールアドレスへ電子メールを送信した際に、電子メールが何らかの事情で未送信または未達になった場合であっても通知をしたものとみなします。電子メールが受信できなかったことにより、利用者に損害が生じたとしても当社は一切の責任を負いません。

第4条 本サービスの概要

  1. 当社は、利用者に対し、本サービスとして、本規約等に従い、下記各号に定める内容を提供するものとします。
    1. (1)会議や講演会または会見、取材、説明会、座談会等ビジネスや公共の場において、発言者が発言する音声をマイク等のデバイスにより認識のうえデータ(以下「本音声データ」といいます。)として記録し、本サービスにかかるシステム(以下「本システム」といいます。)を用いて議事録としてテキストデータ(以下「本テキストデータ」といいます。)を記録する機能
    2. (2)本テキストデータを本システム上にて編集する機能
    3. (3)その他、本サービスを遂行するに必要となる機能
  2. 本サービスは、音声認識システムの技術特性上、完全なテキストデータが生成されない可能性があることから、利用者は、当該生成後に本テキストデータの内容確認を行うものとします。
  3. 本サービスは、グーグル合同会社の運営するシステムを利用して音声認識等を行うものとし、本音声データおよび本テキストデータが当該事業者へ提供されます。なお、当該提供の方法は、当該事業者のサーバーを経由するものであり、当該サーバー内にて保存されるものではありません。また、当該事業者は、本音声データおよび本テキストデータを閲覧するものではなく、利用も行いません。
  4. 当社は、本規約等、個別利用条件等に関する違反の調査を行う場合、または行政機関、司法機関その他の公的機関、金融商品取引所等から、法令上または規則(金融商品取引所の定める規程、規則を含む)上の正当な権限に基づき強制力をもって対応を要求された場合、本音声データ、本テキストデータおよびその他利用者の本サービス利用にかかる情報等を閲覧することができるものとします。
  5. 当社は、その裁量をもって、利用者に予告することなく、本サービスの詳細(本サービスの利用環境を含みますがこれに限られません。)を変更することができます。

第5条 利用環境の整備等

  1. 利用者は、自己の費用と責任において、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を、準備し、本サービスが利用可能な状態に置くとともに、任意の電気通信サービスを経由して本サービスに接続するものとします。また、利用者は、自己の利用環境に応じて、コンピュータウィルスの感染の防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等の対策を講じるものとします。当社は利用者の利用環境について一切関与せず、一切の責任を負いません。
  2. 利用者は、当社が別途指定する端末・OS等の環境(以下「対応端末」といいます。)にて本サービスを利用するものとし、対応端末以外の環境では本サービスの全部または一部が利用できない場合があること、および当社が、事前の予告なく対応端末を変更する場合があることについてあらかじめ同意するものとします。

第6条 従業員等の管理等

  1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、利用者の役員、従業員等(以下「従業員等」という)に本規約等および個別利用条件等の定めを遵守させるものとします。また、当社が本サービス利用のために登録を求める情報について、当社所定の方法により、従業員等に真実、正確かつ完全な情報を登録させるものとし(かかる登録対象となる情報を以下「登録情報」といいます。)、登録情報に変更が生じた場合(従業員等の退職等により当該従業員等の登録情報を削除する場合を含みますがこれに限られません。)には、速やかに所定の変更手続きを行わせることとします。なお、登録情報として登録するメールアドレスは、利用者が従業員等に付与したものであって、現に利用者の業務に使用されているものとします。
  2. 登録情報の変更がなされなかったことにより生じた損害については、当社は一切の責任を負いません。

第7条 アカウント

  1. 当社は、利用者に対してIDおよびパスワード(以下「アカウント」といいます。)を付与します。利用者は、アカウントの管理責任を負うものとし、第三者にアカウントを利用させ、または、貸与、譲渡、売買、質入等を行うことはできないものとします。
  2. アカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による利用者に生じる損害について、当社は一切の責任を負いません。

第8条 利用制限および禁止行為

  1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、本サービスを管理するサーバーに登録または記録された一切の情報について、当社に保存する義務はないことに同意します。
  2. 利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為(以下の行為に該当するおそれがあると当社が判断する行為を含みます。)を行わないものとします。
    1. (1)他人の著作権を侵害する行為
    2. (2)他人のプライバシーを侵害する行為
    3. (3)他人の名誉・信用等を侵害する行為
    4. (4)犯罪的行為または犯罪的行為に結びつく行為
    5. (5)事実に反する情報を提供する行為(他人に成りすます行為も含みます。)
    6. (6)本サービスの運営を妨げたり、信用を傷つけたりする行為
    7. (7)本サービスを管理するサーバーに対して、コンピュータウィルスなどの有害なプログラムを配信するまたは過度な負担をかける行為
    8. (8)反社会的な情報、わいせつな情報等の公序良俗に反する情報を入力、頒布する行為
    9. (9)当社が指定する以外の方法により本音声データを録音する行為
    10. (10)逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング等の行為
    11. (11)本サービスを過度に解析、分析する行為
    12. (12)アカウントを不正に使用する行為
    13. (13)本サービスを商用に利用する行為
    14. (14)その他、法令に違反する行為または法令に違反するおそれのある行為
    15. (15)その他、当社が不適切であると判断する行為
  3. 利用者は、本サービスの利用に従業員等による本規約等、個別利用条件等の違反、使用上の過誤等による利用者に生じる損害について、当社は一切の責任を負いません。

第9条 利用停止措置等

  1. 当社は、利用者が本サービスの利用に際して法令または本規約等に違反し、あるいは違反するおそれがあると認めた場合、その他の業務上の必要がある場合、あらかじめ利用者に通知することなく、利用者に対して、本サービスの利用の停止その他当社が適切と判断する措置(以下、「利用停止措置等」といいます。)をとることができます。利用停止措置等は、当社の裁量で行うことができ、当社は、利用停止措置等を行った理由について、開示する義務を負いません。
  2. 当社は、利用停止措置等に起因して生じた損害について、一切の責任を負いません。また、利用停止措置等によって、利用料金は減額されるものではありません。

第10条(知的財産権)

  1. 本サービスに含まれるデータ、情報、文章、発言、ソフトウェア等一切に関する特許権、実用新案権、意匠権、商標権(特許登録、実用新案登録、意匠登録および商標登録を受ける権利を含む)、著作権(著作権法第27条および第28条の権利を含む)等の知的財産権およびその他一切の権利は、当社またはその他の第三者に帰属します。本サービスの利用契約および利用によって利用者に当該権利が移転することはありません。
  2. 本サービスに含まれる一切の標章、サービスマーク、ロゴ等にかかる一切の権利は、当社またはその他の第三者に帰属します。利用者はこれらを利用することはできません。
  3. 第1項の定めにかかわらず、本音声データ及び本テキストデータの著作権は、利用者に帰属します。なお、本テキストデータの使用により生じる第三者の権利侵害等の紛争に関し、当社は一切の責任を負わず、利用者は、自己の責任と負担により解決するものとします。

第11条 個人情報

  1. 当社は、従業員等の個人情報を、本サービスの運営の目的に利用し、これ以外の目的のために利用しないものとします。但し、次の各号の場合はこの限りではありません。
    1. (1)利用者または従業員等に対し、当社または第三者の広告宣伝のための電子メール等を送付する場合
    2. (2)利用者または従業員等から個人情報の利用に関する同意を求めるための電子メールを送付する場合
    3. (3)利用者または従業員等に対し、アンケートを実施する場合
    4. (4)個人情報の属性、本サービスの利用状況等の集計、分析を行い、個人が識別、特定できないよう加工したうえで統計データを作成し、またはマーケティング活動に利用する場合
    5. (5)本サービスの運営にかかる業務を委託する場合
    6. (6)従業員等の同意を得た場合
    7. (7)法令に基づき開示する場合
  2. 当社は、利用者から個人情報に対する問い合わせを受けた場合、確認を行うものとし、その結果、個人情報に誤りが発見された場合には、利用者は、その訂正または削除を求めることができるものとします。

第12条 利用料金

  1. 利用者は、本サービス利用の対価として、当社が提示する内容(具体的な料金、支払い条件等は別途Webページ、申込書、見積書等にて提示します。)のいずれかを選択し、選択した料金(以下「利用料金」といいます。)を当社に対し支払うものとします。
  2. 別段の定めがある場合を除き、利用者が支払うべき利用料金のうち、月額の利用料金として定められたもの(以下「月額料金」といいます)は、月の途中で本サービスの利用を開始し、または終了した場合であっても、利用者は、当月分全額の月額料金を当社に対し支払うものとします。また、月額料金が発生した月から起算して12ヶ月以内にかかる本サービスの利用を終了するときは、利用者は、終了日までに発生している利用料金に加えて、残期間分の月額料金(12か月分の月額料金の額から解約日までに当社に既に支払った月額料金の額を控除した額に相当する料金をいいます。)を当社に支払わなければなりません。なお、利用者は、本サービスの利用の有無に関わらず、月額料金を支払うものとします。
  3. 利用者は、利用料金の決済方法について、以下に定める事項にあらかじめ同意します。
    1. (1)当社は、利用料金の決済業務(利用料金を当社に代わって受領することを含む)を第三者に委託することができること
    2. (2)当社は、前号の委託に関連して、かかる委託を受けた第三者(以下「決済代行事業者」といいます。)に対し、当社が利用者に対して有する利用料金支払請求権を債権譲渡する場合があること
    3. (3)本項第1号の委託に関連して、決済代行事業者が利用料金および購入代金の決済に関する条件を別に提示する場合があり、これに同意できないときは、本サービスの利用を継続できないこと

第13条 契約期間

  1. 本契約は、本サービスの利用申し込みを行った日から有効とし、その契約期間は、当該申込日を含む月の1日から1年間とします。但し、本契約の定めに基づき解約または解除されない限り、本契約は同一条件でさらに1年間継続し、その後も同様とします。
  2. 本契約終了後であっても、第8条第1項、第10条、第11条、本条本項、第16条、第17条、第19条、第22条は有効に存続する。

第14条 利用者による解約

利用者は、解約希望日の2ヶ月前までに当社所定の手続きを完了させることにより、当該日をもって本契約を解約することができます。

第15条 当社による契約解除

  1. 利用者が、以下の各号の一つに該当する場合、当社は、利用者に対して事前に通知することなく、本契約を解除することができます。
    1. (1)本規約等に違反したとき
    2. (2)手形または小切手の不渡りが発生したとき
    3. (3)差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行または滞納処分または滞納処分の申し立てを受けたとき
    4. (4)破産、民事再生、会社更生または特別清算の申し立てがされたとき
    5. (5)第二号ないし第四号のほか、利用者の信用状態に重大な変化が生じたとき
    6. (6)解散または営業停止となったとき
    7. (7)営業方法等について官公庁による注意または勧告、もしくは行政処分を受けたとき
    8. (8)利用者が当社のサーバー等に保存されているデータを当社に無断で閲覧、変更もしくは破壊したとき、またはそのおそれがあると当社が判断したとき
    9. (9)本サービス利用態様が公序良俗に反すると当社が判断したとき
    10. (10)自らまたは第三者を利用して、次の①ないし⑤のいずれかに該当する行為を行ったとき
      1. ① 暴力的な要求行為
      2. ② 法的な責任を超えた不当な要求行為
      3. ③ 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
      4. ④ 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
      5. ⑤ その他①ないし④のいずれかに準ずる行為
    11. (11)反社会的勢力に属すると判断されるとき、または反社会的勢力との関連性が認められると当社が判断するとき
    12. (12)その他利用者による本サービス利用の継続が困難であると当社が判断したとき
  2. 前項に定める解除権の行使は、利用者に対する損害賠償の請求を妨げません。
  3. 当社は、利用者に対し、解除日の1ヶ月前までに通知することにより、何らの責任を負うことなく、本サービス全部または一部を中止または廃止し、本契約を解除することができます。

第16条 契約終了時の取扱い

  1. 終了原因の如何を問わず、本契約が終了した場合、利用者は、本サービスにかかる一切の権利、特典を失うものとし、これにより利用者に損害が生じても、当社は一切の責任を負いません。
  2. 本契約が終了した場合、当社は、本テキストデータを本サービスにかかるサーバー等記録媒体から削除し、利用者が本音声データおよび本テキストデータを閲覧、確認できなくなることを利用者は予め承諾するものとします。当社は、 本音声データおよび本テキストデータを閲覧、確認できなくなることに起因して生じた損害について、一切の責任を負いません。

第17条 権利義務の譲渡

利用者は、当社による事前の承諾なしに、本契約上の地位または本契約に基づく一切の権利もしくは義務について、第三者への譲渡、承継、質入または担保に供するなど、その他一切の処分をしてはならないものとします。

第18条 委託

当社は、本サービスの提供にかかる業務(本サービスの販売業務、利用料金の決済業務またはサポート業務等を含みますがこれに限られません。)の一部または第三者に委託することができます。

第19条 免責等

  1. 利用者が本サービスを利用することにより当社が損害を負った場合は、利用者は当該損害(合理的な金額の弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
  2. 当社は、本サービスの変更、中止または終了によって利用者に損害が発生した場合でも、一切の責任を負いません。
  3. 利用者は、本サービスにおいて、下記の事情により一定期間、利用が停止される場合があることを予め承諾し、本サービスの停止による損害の補償等を当社に請求しないこととします。
    1. (1)本サービスのサーバー、ソフトウェア等の点検、修理、補修等のための停止
    2. (2)コンピュータ、通信回線等の事故による停止
    3. (3)その他、やむをえない事情による停止
  4. 本契約に定める免責条項が適用されない等の理由により、当社が利用者または第三者に対して責任を負うべき場合、当社に故意または重過失がある場合を除き、これらの責任に基づく損害賠償額は、通常生じうる損害の範囲内で、かつ、利用者が当社に支払った利用料金の総額を上限とすることを、当社および利用者は予め合意します。
  5. 本テキストデータは、完全性を保証するものではなく、不完全な音声認識、誤字、文脈の不明等の齟齬が生じる可能性があり、利用者による確認を前提とします。このため、当該齟齬により利用者に損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。
  6. 本サービスにより生成された本テキストデータおよび本音声データは、利用者の責任と負担により保存、管理されるものとし、当該保存の不具合、失念及び当該保存後の消失、紛失、漏えい等により利用者に損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。但し、当社の責に起因する場合は、この限りではありません。
  7. 第4条第4項に定める閲覧を行った場合、または当該閲覧にかかる情報を行政機関、司法機関その他の公的機関、金融商品取引所等に報告を行った場合であっても、当社は一切の責任を負いません。

第20条 秘密保持

利用者は、本サービスの利用において知得した当社の秘密情報を第三者に開示してはならず、また漏洩してはならない。

第21条 反社会的勢力の排除

  1. 利用者は、現在、次の各号のいずれにも該当しないこと、また各号のいずれにも関係がないことを保証するものとします。
    1. (1)暴力団
    2. (2)暴力団員
    3. (3)暴力団準構成員
    4. (4)暴力団関係企業
    5. (5)総会屋、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等
    6. (6)その他前各号に準ずる者
  2. 本契約締結後、利用者が前項各号のいずれかに該当することとなった場合、または同各号のいずれかと関係が生じた場合は、直ちに当社に通知するものとします。

第22条 準拠法、管轄裁判所

本契約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本契約に関して訴訟の必要が生じた場合には、訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2018年5月15日 制定
2018年7月20日 改訂
2019年7月26日 改訂